いつだってあなたの味方です

嵐とV6が好きなジャニヲタちいのブログ。徒然なるままに。

「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」スタート(ネタバレ感想注意)

「V6 LIVE TOUR 2017 The ONES」
開幕おめでとうございます&名古屋公演無事終了お疲れさまでした。

以下ネタバレ含みます。まだツアー始まったばかりなので知りたくない方はそっとウィンドウを閉じてください。
私は城ホールスタート予定のはずでしたが、直前にご縁がありまして名古屋3日目に参加してまいりました。

しかもかなりの良席だと思われ、普段はペンラのみでうちわ持たない派だけどこれは持った方がいい?え?持つべきよね?なんで作って来なかった?チックショー的な席ぽかったので初めて買いました岡田くんじゃんぼうちわ。フォトショでひげ消したい…と思ったことはさておき。
いざアリーナ入ったらセンステ近くの花道横で手が届きそうだし(物理的な問題ではなく気持ちの問題)通路側だったのでこれカミセンがアリトロ通るとこやん?ヤバい!吐く!(吐かない)落ち着け私。

コンサートスタート。スクリーンに映像が流れメンバーのシルエットが浮かび上がる、はいもうカッコイイ。フッフー!! can't get enough、neverそしてbeat of lifeと畳みかけるようにダンスナンバーから始まってもうただただ「カッコイイ!!」という言葉しか出て来ない(語彙力ゼロ)ガシガシ踊る彼らを見てアラサーアラフォーアイドル舐めんじゃねぇぞ!とガツンと頭を殴られた気持ちになりました。

でもneverで岡田くんまだ「ちくたく」言ってるのかな?健くんに「またチクタク言ってるよ」とか思われてるのかな?フフッって考えたら萌え禿げるとも思いました(笑)


岡田担なんだけど実は刹那的NightのMVがあんまり好きではなくてほとんど見てなかったんだけど(映像加工的に駄目な人結構いると思う)生で見たらキレッキレのダンスがめちゃめちゃカッコよかったんですよこれが。

うぉぉ~メンバー近づいてくるぅぅ~~「剛くんなにそのパーマ!かっこよ!!顔ちっさ!」「健くん今日もとぅるんとぅるん!え!顔ちっさ顔ちっさ!!」「岡田くーーん!!……今日もオトコマエだよぉぉ~~」(察し

 

アルバムで一番好きなのは坂本くんプロデュースのAnswerで、V6にしては珍しく踊らずにシャウトするという貴重な曲なんだけど、がむしゃらに歌う姿ってカッコよくないですか?そして坂本くんの圧倒的歌唱力にひれ伏すしかない感じ堪らなく好き。

The oneで岡田くんがこの指とまれ的なことしたらきっと打ち合わせしてないだろうにメンバーがそれに倣ってくれて皆で指掴んでユラユラ揺れてるおじさんたち(私はおばさん)見たらもう平和だよね。可愛いがダダ漏れてる。他にはカミ曲のエロいところとか、もう1曲1曲の感想言い出したらキリがないので割愛します(笑)


ワタクシコンサート中は8割方自分の都合のよい方に考えるスーパーポジティブな面がありましてbelieve your smileで岡田くんが花道からこちら側に手を差し伸べてくれたのは私に向けられている!と幸せな勘違いする程度に目が合いました(誰も傷つけない思い込みだから許して欲しい)
MCで38歳だと言う健くんにはどよめくのに(皆分かってるけどホントに見えないから)36歳だと言う岡田くんには「あー」って納得するファンに拗ねる岡田くん可愛過ぎた。でもまぁ貫禄つき過ぎだからだぞっ☆←

 

ステージは本当にシンプル。映像や照明は洗練されてて素敵だったし、クラゲみたいな演出なんなん?みたいな意見も見かけたけど(笑)近くで見ると沢山の送風機で上手いこと靡かせててちょっと面白かったです。

本編+Wアンコで2時間半弱。
初日2日目を考えるとWアンコは想定外だったのかなと。そりゃもうヲタク頑張りました。正直メンバーも困ってた雰囲気あった。でも名古屋最終日諦める訳にはいかない気迫に溢れてた(笑)(もちろん初日2日目も同じように頑張ったんだと思いますが最終日ゆえのメンバーによる裁量だと思います)
で、私ようやくそこで本編でCloudy Sky歌ってないのに気付きました(遅すぎる)ということは2日間歌ってないってことで、アルバム収録曲なのにこれは最大の疑問。アルバムタイトル背負ってのツアーなんだから外される理由がないと思うんですよ。これはなかなか許しがたい案件ではなかろうかと。これからツアー続く中で微調整があると思われるので、Wアンコがマストではないなら本編に組み込まれるセトリになればいいなと思いました。
後坂本くんが疲れなのか体調不良なのか(歌声はとても素晴らしかった)Wアンコではバクステどころかセンステにも辿り着くのがやっとなぐらいにヘロヘロで心配になりました。足の調子がよくないとのツイも見かけたけど私にはそこまでは分かりませんでしたけど。

外周がないので、アリトロやスタトロがあっても埋もれやステージが遠いと感じた人がいたのは少なからずいると思います。私は歌い踊る彼らを間近で見られたので十分楽しめましたが、前述の方たちは正直物足りないと感じた方もいるやもしれません。もともとV6はがっつりダンスするグループなのでC&Rが多いイメージないけど、もう1曲SPOT LIGHTぐらい会場と一体になれるノリのいい曲があればよかったのかも。

正直言えば私も3時間くらいやって欲しかった
(鬼か)楽しい時間は一秒でも長い方が嬉しいのは当たり前のことだと思うのです(キリッ
アニバコンから2年の間に出た(それ以前も)シングルのカップリングで歌ってないものも何曲かあったし*1、個人的意見ですがコンサートで歌ってようやくその曲が完成すると思ってるところがあるので披露することなく埋もれていく良曲たちが残念過ぎるし、CDで聞いた時はピンと来なくてもライブで観たらめっちゃ好き!ってなるやつありません?*2
これらは2年に1回しかライブやってない弊害だと言わざるを得ません。
だから毎年コンサートやってくれ!!それに尽きる。

ツアーは始まったばかりでまだまだ続きます。怪我のないよう事故のないよう「無茶したな、俺たち!」と言いながら笑顔で最終日を迎えられる楽しいツアーになりますよう願っています。

*1:Sky's The Limitに収録されているトレンディドラマ感あるEyes to Eyesが聞きたかった

*2:初披露時、音源未発表で状況はちょっと違うけどV6でパフォーマンスによる最大の成功曲Supernovaの存在感たるや